不動産投資の手順

一言で不動産投資と言っても方法はたくさんあります。ここでは一般的な不動産投資のスタイルとその手順について簡潔にご紹介します。

物件探し

はじめに、投資対象となる物件を探すことから始めていきます。一般的には、直接不動産へ行って多くの物件の中から選んだり、紹介してもらったりという風になります。他にもインまた、裁判所に行って競売物件を低価格で購入することが可能ですがが、普通の不動産よりも豊富な知識と分析力が必要条件と言えるでしょう。

分析

そして次に、気に入った物件を分析していきます。その物件に投資した場合にどの位の収益を上げることができそうか分析していくのです。
この分析には多くの知識が必要になってきます。資金計画をはじめに最終的にその物件をどう処分するかなどかなり先の見通しまで考えて行く必要があります。

契約

投資先が決定すれば、契約を締結して不動産を取得していきます。契約自体は難しいものではありませんが、やはりある程度の知識は必要でしょう。契約には民法、宅建業法などの法律が関わってきますから多少必要な法律の知識も頭に入れて置く必要があります。

経営

不動産投資を単なる資産運用と考えるだけではなく、ビジネス、経営と考えるオーナーも多く存在します。
一般的に、投資先の株を持っている人が経営に口を出すことはほとんどないのですが、不動産投資の際は、その不動産の経営に関する全権が自分にあると言うことを忘れないで下さい。取得した不動産からより多くの利益を得るために日々努力が必要です。ですが、実際の運営はできるだけ業者に委任したいものです。清掃から滞納家賃の催促まで自分だけで行うのでは、「不労所得を得る」という不動産投資のメリットが消えてしまいます。

出口から退場

どんなに不動産投資が長期に渡る投資と言われていても、いつかは最終的にその物件をどうするのかを考えなければいけません。不動産投資では、この考えを出口戦略と呼んでいます。
いわゆる出口戦略の考え方には様々あって、売る・建て替え・相続・更地にして貸し出す・宅地として分譲するなどの方法的な種類と、「どんなタイミングで」といった時期的なことを考える必要があります。
一番大事なことは、入った時から出る時の事を考えておかなければいけないということなのです。まず物件を取得する前に、その不動産投資の出口戦略を考えておくと良いでしょう。

 

recommend

DMM.com
http://www.dmm.com/
明大前のオシャレ美容院
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000277343/

2014/10/10 更新