物件購入の疑問点2

実際に投資物件を購入する場合はどうすればいい?

実際に投資物件を購入したい場合は、下記のような手順になります。

まず、出来るだけ多くインターネット上に掲載されている物件の情報を集めることです。
その上で、どのような不動産投資用の物件があるのかというイメージができあがっていきます。

どれが不動産投資に良い物件なのだろう・・・としっかり考え探しましょう。そして気になる不動産物件を取扱っている会社にまずは問い合わせてしてみましょう。
問い合わせをすることによって、その投資物件について、更に詳しい情報を知ることが可能になります。その上、不動産会社に投資の相談、もしくは新しい物件の情報を教えて貰ったりすることが出来ます。

そして自分の中で、ここで不動産投資をしたい!又はこの物件を買いたいと思わせるような物件を見つけた場合は、事前に不動産会社に相談し、実際に現地へ足を運んで確認しましょう。
購入する物件が決定した際は、しっかり収支計画を立て、資金調達(ローン)などの準備をし、購入に向けた準備が整い次第、最終的に相手と契約を交わします。
この収支計画以降の購入準備の手順等については、不動産会社に連絡をとってアドバイスを受けましょう。

h2>不動産投資の場合、新築物件と中古物件どちらがおすすめ?

基本として言えるのは新築物件より、中古物件の方が、不動産としての利回りが高い傾向にあります。その反面、リスクも大きい傾向があります。

新築の不動産物件の場合、設備が充実していて、間取りなども入居者の希望と一致していることが多く、ある程度の期間において、その不動産物件は高い競争力を期待することができるますので、空室リスクが低くなります。
物件価格が比較的高くなってしまい、そのため利回りは小さくなってしまいます。

そして中古の不動産物件の場合、やはり間取りや設備の面で新築物件に比較して劣ってしまい、入居者のが確保が困難な傾向にあります。逆に言えば、入居者さえ確保できれば高い利回りを期待することが可能になるということが言えるでしょう。
ただし、中古の不動産物件の際、老朽化での修繕工事の必要になり費用がかかってしまう可能性もありますので購入する前に注意が必要でしょう。

中古、新築物件のどちらに不動産投資を行ってリスクを低く抑えるか、または大きなリターンを狙うのか等、あなた自身の不動産の投資スタンスにぴったり一致した物件を選ぶことが大切です。特に中古の不動産物件の場合は、不動産会社ときちんと相談した上で、慎重に選択したいものです。


Favorite

梅屋敷 美容院
http://www.harvest2001.com/
ベース 買取
http://www.recycle-gakki.net/

最終更新日:2015/7/17