不動産物件の選び方

何よりも投資物件は、丈夫さが重要なポイントと言えます。もちろん、投資物件での建物に対する安全性は必至と言えます。また、その中でも耐震性や強度などはかなり気になる箇所で、必ず信頼のおける専門家と相談した上で慎重に選択することが必要でしょう。
その他にも防犯などの周辺環境や地震、崖くずれ、河川の氾濫や、津波などなど自然災害なども重要なポイントになりますから、注意して投資物件を選んでいきましょう。

目的別物件の選び方

現金収入

出来るだけ多く、そして安定した収入を長期間に渡って得ることの目的で、対象物件の用途や立地利回りと、想定されるリスクをあわせて判断していきましょう。

私的年金

短期回収の目的ではないから、長期的視点で物件のニーズや間取りや設備などを考えたいものです。また年金が必要になる頃までには借り入れ金の返済が終了できるような価格の物件を購入しましょう。

節税のため

不動産の課税評価を削除として節税する際以外は、損益のコントロールや他の所得とのバランスを長期的に考えて、確実に節税できるかどうかという慎重な判断が必要になります。一人で考えずに専門家に相談しましょう。

相続税対策

様々な資産が対象になる相続税の対策は全ての財産を考慮した上で決定していかなくてはなりません。現在は不動産の評価を下げる、不動産に投資をして負債を増やしたりするケースが一般的のようです。上手く不動産投資を相続税対策の中に取り組む事が必要でしょう。

資産形成

資産形成の目的(教育資金・老後の資金・独立資金・相続税資金)等に応じた賃料の確保又は、将来の売却の事などを想定した上で投資物件を選びましょう。

覚えておきたいポイント

立地条件

目的に応じて、将来的に維持できるのが必要条件です。事業用物件の場合は会社状況の変化に、また居住用物件の場合は環境の変化にも対応出来ることが大切なポイントになります。仙台の賃貸物件を選ぶ際にも立地条件は重要です。仙台賃貸物件を選ぶ際は仙台駅が近い・コンビニやスーパーが近くにあるなどが嬉しい立地条件です。駅の近くの賃貸物件は人気ですのでリサーチをしっかりしましょう!!

利回り

利回りとは、年間収益を購入価格で割ったものを指します。物件の種類や地域又は立地等で平均的な利回りを予測することは可能ですが、利回りが高い場合には、リスクも高いのが基本と言えます。 投資対象としてどの程度のリスクを背負う覚悟があるかというのが重要になります。

管理

適正な維持管理体制は、資産を長持ちさせててくれ、少しでも費用を削減できる重要な要素になります。また付加価値が高い物件の場合、もちろん管理費も高くなるのが当たり前。 付加価値が将来的に有効かどうかバランスを考えましょう。

物件選び注意点

何よりもまず自分の投資の目的を明確にすることが重要になります。人によって住まいに求める価値感は全く異なってきます。自分にとっては良い物件=他人にとって良い物件ではないと言うことです。一般論からずれないと言うことも大切なポイントだと思います。

pickup

2017/6/30 更新